読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scrawl in the Kitchen

ポケモンのことや下らない記事を書き続けるブログです。

シーズン2使用構築

f:id:sinkev:20140328025146p:plain
f:id:sinkev:20140328025203j:plain


シーズン2で最高レートを達成できたパーティで、最高レートは2135です。
(大したことないけど2100超えてるから許して)



と、いうこでね
パーティを(雑に)解説していきます。






ブラッキーゴツゴツメット
202-85-178-72-150-86
イカサマ どくどく 挑発 月の光

役割は主に物理受けですが、元のD種族値も高いので、中途半端な特殊アタッカーならこいつで相手ができます。
ゲッコウガや化身ボルト辺りならこちらの回復が間に合いますし、こちらからのイカサマは半分入るので普通に倒せます。
メガゲンガーも、対面からなら倒すことはできます。ヘド爆(波)の毒を考慮しなければこちらも月の光で回復が間に合います。

ブラッキーはあまり知られていないせいか、悠長にグロパンの餌にしようとするガルーラがたまにいますが、イカサマで消しくずになります。
ガルーラ猫騙しに合わせて後出しできればゴツメダメでわっしょい。
その後は高確率でガルーラは引っ込むので読みやすくて助かります。
猫騙しではなく恩返しだったとしてもギリギリ受かるので大丈夫でしょう。
ただ、ブラッキー後出しの際にグロパンを積まれた場合はかなり怪しい雰囲気が漂うので、その辺をしっかり考えていかなくてはいけません。
なだれガルーラは犯罪。

挑発があることによって、ナットレイや瞑想ライコウなどの面倒な相手も倒せます。
ナットレイには挑発すればそのままゴツメダメを稼いでいけます。
ナットレイからの可愛い攻撃は月の光で余裕で間に合います。
ライコウには挑発から入り、
身代りをされていればイカサマで破壊し、毒を入れて月の光を挟みながらイカサマ。
瞑想をされていれば毒を入れて月の光を挟みながらイカサマ。
(どちらも似たようなもの)
1瞑想10万Vで70~75程度のダメージ
2瞑想10万Vで100程度のダメージ

最近のハッサムは虫技を切っている個体も多く、虫技を切っているハッサムもカモです。
虫技一発じゃこちらは落ないのでとりあえず様子見で戦うこともできます。

パーティでの役割として
ゲンガーやサーナイトの苦手なギルガルドなどを受けにいく役割なんかもあります。(かなり重要)




■ゲンガー@くろいヘドロ
145-75-93-160-95-178
シャドボ 金縛り 身代り 鬼火

元は別の努力値振りで使っていたのですが、「Cを削ってBに振ろう」と思い至った際にCを下げる木の実が足りなかったため、とても中途半端な実数値になっています。
めんどくさかったのでそのまま使っていました。

ブラッキーだけでは心もとない物理受けのサポート的な役割です。
ブラッキーが苦手なフシギバナや、ヒードランの相手をします。

なんだかんだでみがしば強かったです。
火力不足で何度泣かされたかわかりません。


4試合に1回は初手ガブ対面で
スカーフ逆鱗で吹き飛びます。




サーナイト@ナイト
通常:175-76-117-159-135-101
メガ:175-96-117-203-155-121
ハイボ ショック めざ地 かげうち

高耐久高火力で尋常じゃないくらい便利。
ガブが初手で出てきやすいので、こいつも初手に投げやすいです。
地震×2で落とそうとしてくるガブには、ハイボかげうちで、こちらには半分ちょっとのダメージで突破できます。
ステロ撒いてきたガブはサメ肌のみのダメージでほぼ無償突破になります。

ガブに対してだけに限った話ではなく
初手で非常に投げやすく使いやすいポケモンでした。
ボルトやゲッコウガや、このパーティで苦手なスカーフロトムや、特殊系のポケモン全般を見れますし、Bに厚く振ってるので、物理に対しても無理矢理ハイボをうちにいけます。

とはいえ、ガルーラファイアローギルガルドナットレイなど苦手なポケモンも個体数が多いです。
しかしこれらは全てブラッキーで受かります。イケメンですね。
それにしてもナットレイが相手のパーティにいると10回に10回はサナに対して後出しされ、その後安定行動の宿り木をされるのですが、彼らは気合玉やめざ炎は怖くないのでしょうか?




ギルガルドぼうじんゴーグル
159-112-171-54-171-88
アイへ かげうち キンシ 剣舞

ガッサビビヨンフシギバナモロバレルガチアンチ。
S振ったガルドは本当に強いです。

催眠対策以外にも、ブラッキーの苦手なサナやニンフィアを受けにいく役割があります。




ゴウカザル@襷
151-124-91-156-81-176
オバヒ めざ氷 岩石封じ ステロ

謎の枠。
一応、舞ったガモスを止めに行ったり、死に出しからアローを駆逐したり、見せ合いでサザンガルドを牽制したりという役割があると思っている。
ステロがぶっ刺さっているパーティには出したりする。
インファがあればドランの相手できたのに....枠がない(((




■Wロトム@スカーフ
138-63-128-172-128-125
ハイポン 10万V ボルチェン トリック

ドランが重過ぎて死にそうになっているこのパーティで唯一ドランをぶちのめせる子。
扱いを間違えなければ相当強い。
ブラッキー以外でのナットレイの相手が困難となっているこのパーティで
ナットレイにトリックを打てるのも大きい。
個体を変えたくなるくらいハイポンを外す。
今記事を書いてて、NNがロトシックスだから外しまくるのかもしれないということに気が付いた。





☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★★☆★☆☆★☆★☆★☆☆☆



基本選出はおそらく
サナ+ブラッキー+ゲンガー
相手にガッサやビビヨンやバナがいた場合は
サナ+ブラッキーギルガルド
ドランなどがいれば、ロトムを混ぜて~
という具合になる。
基本的にはサナが強すぎて、こいつでテキトーにハイボ打って、残りをブラッキーで詰ませるという戦い方。










ゴウカザル「」











それから、パーティ的に
サナのめざパは炎の方がよかったと思います。
ナットレイだけで詰んで落とした試合も数え切れないですし。
あとゴウカザルはアタッカー気味な型で使った方がよかったのかもしれないですね。



とまぁ色々ありましたが、僕のシーズン2はこんな感じでした。
ほんの一瞬だけど93位まで行けましたし、シーズン3では最後まで100以内にいられるようにできたらなと思います。



ほとんど自分用メモみたいなものなので見にくいかもしれないですけどまぁそれはw




それでは今回はこれで終わります。
宝くじとなだれガルーラを許すな。