読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scrawl in the Kitchen

ポケモンのことや下らない記事を書き続けるブログです。

【クチートクレセ】下の2枠について

はいどーも。
今回は、前回の記事で書いたように
ゲンガーとサナの枠が納得がいっていないので
とりあえずこれまで候補に上がってきたポケモンたちのことについて書いてみようと思います。


シーズン4使用 クチートクレセ
http://sinkev.hatenablog.com/entry/2014/07/15/221227




f:id:sinkev:20140717222114g:plain

ヒードラン@こだわりメガネ
167-*-126-182-126-141(4-*-0-252-0-252)
オバヒ/火炎放射/ラスカ/大地の力

最速メガネドランです。
ドランを入れていた頃はカイリューとセットでした。
カイリュー竜技が通らない鋼フェアリーに対しあと出しが容易で、有利対面を作ってからメガネ高火力で負担をかけていく。
カイリューとの相性補完も中々良いので使いやすかったです。
パーティで重いサンダーにも強かったです。
H振りサンダーに対してオーバーヒートが50%の乱数ですか、サンダーからの有効打も特にないので気にならなかったです。

クチリュークレセドランという並びになっており、確かこの時は下2体はエルフマンムーだった気がします。




f:id:sinkev:20140717223456g:plain

エルフーン@たべのこし
ポケ撤のやつ。詳しくは忘れましたが遅いです。
ムンフォ/宿り木/身代わり/アンコール

ガッサやグライオンがとても重かったので採用しました。
めんどくさいやつを嵌めて終わらせます。



f:id:sinkev:20140717224144g:plain

マンムー@ラムのみ
185-182-101-*80-145
つららばり/地震/氷の礫/岩石封じ

パーティで重いサンダー、ドラン、エルフーングライオン、ガッサ に強くてとてもマッチしてるように見える。
一撃で沈む機会が滅多になかったので襷ではなくラム。
ラムにより物理受けアローに対して岩石+礫で勝てる。
ゲンガーなんかも基本鬼火から入ってくるので
つらら+礫とかしましょう。大抵のゲンガーは落ちません((
剣舞から暴れ始めたガブなどを止める役割もあります。

このように、僕のクチクレに対してとてもマッチしたポケモンに見えますが、マンムーそのものが弱かったのでこいつとは決別しました。





f:id:sinkev:20140717225246g:plain

カイリュー@こだわりハチマキ
人からいただいた調整なので内緒です。
逆鱗/神速/地震/炎のパンチ

シーズン中盤からリザYニンフィアのような並びをよく見かけるようになり
僕のパーティでは、このどちらに対しても出し負けをすると致命的なダメージを受けるので
そのどちらに対しても勝てるカイリューを竜枠として採用しました。
クレセリアの三日月の舞とも相性がよかったです。
ハチマキ神速で、止まらなくなった相手を潰す役割なんかも。




f:id:sinkev:20140717230049g:plain

スイクン@カゴのみorたべのこし

2種類使いました。
ねむカゴ瞑想と身代吠える瞑想です。

クチート以外で相手の耐久ポケへの回答として採用。
弱かったので秒でさようならしました。




f:id:sinkev:20140717230755g:plain

キノガッサ@毒々珠or気合の襷
155-150-113-*-80-134
135-182-101-*-80-134
岩石封じ(ローキック)/キノコの胞子/身代わり/ビルド
タネガン/マッパ/岩石封じ/キノコの胞子

・ポイヒ
シーズン4の中盤から異様なまでにクチクレが増殖し始めたのでそれの対策としてポイヒガッサ。
低速捕まえて嵌めて終わりです。
僕は、襷ゲンガー+ポイヒガッサを並べることで
流行りの積みサイクルであるステロ+バンギアローなどを対策していました。
というか完全にカモにしていました。負けるはずがありませんでした。
一度だけ最悪のタイミングで急所を受けて負けたことがありますが....

・襷
こちらもクチクレに強いです。
僕はこのポケモンに対して異様なまでの信頼があるので
枠が余ったら入れとけ感覚としても採用できます。
確実に1体は持っていけるほどのポテンシャルがあり、苦手な相手を襷を利用し無理矢理突破していきます。
リザやガモスや止まらなくなった積みエースなどなど





今回は疲れてしまったのでここまでです!残りの
サナ、ゲンガー、ガルーラゲッコウガ、リザX
については、また後日記事を書きますのでよろしければその時はまた見てやってください!



ではでは〜