Scrawl in the Kitchen

ポケモンのことや下らない記事を書き続けるブログです。

謹賀新年 〜初夢日記〜


この舞台は……おばけ屋敷?
佇んでいたのはある扉の前。
そして僕は、躊躇うことなくその扉を開けた。

暗く広い、障害物の多いそんな空間に無数のテレサが飛び交っている。
ステージをクリアしようとするマリオと言えばわかりやすいのだろうか。おそらくこのステージを攻略しようとしていた。
ひたすら進みゴールを目指すものではなく、マリオサンシャインのような感じのステージだ。

初めてみる光景だが何をすべきなのかは手に取るようにわかる。
無数のテレサをよけながら階段を上がっていく。
ある小部屋に入った。おそらくそこが目的地なのだろう。
中には宝箱があった。鍵は初めから持っていた。
鍵を開け宝箱を開けると魔女が現れた。
そしてここで一つ目の夢は終わる────



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..



どこかの研究所だろうか。広い建物の中にいた。
あたりには冷気が漂っている。
僕たちは団体で行動していた。仲間が誰なのかは全くわからないが、複数でいたのは間違いない。
また僕は扉の前にいた。扉の隙間から白い冷気が溢れている。そして僕は扉を開けた。

広めの空間、中は氷の世界だった。
そして、たくさんの人が凍りついていた。
部屋の半分くらいは水が凍っている。その先は潜水艦で進んで行けるようなそんなイメージだ。

凍りついていた女性の一人が機械のようなものを抱えていて、それにはスイッチがあった。
スイッチを押すと凍りついていた人たちはその状態から解かれた。
話を聞くと、数年前にある実験をするために彼らはここへ来たらしい。
そして先ほど女性が抱えていたその機械のスイッチを押した途端、あたり全てが凍りついてしまったらしい。

僕たちの目的はなんだったのかわからないが、彼らを助けるとその場を去ったのだった───。



☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆*:..






みなさんあけましておめでとうございます。
今回は僕が見た初夢を日記として書いてみました。
お話が書けるほどの文章力もなくグダグダと見たままにね。
新年早々ストーリー性のある夢を2つも見れて楽しかったです。


ではでは、今年もこの落書き所をよろしくお願いしますヾ(@⌒ー⌒@)ノ