読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Scrawl in the Kitchen

ポケモンのことや下らない記事を書き続けるブログです。

【最終34ページ到達構築】クチートと色々【シングル】


おはようございます。
シーズン5もお疲れ様でした。

タイトルから、今期はとてつもなく酷い結果に終わったことがわかりますw

なのでみなさんに需要のある記事が書けるかはわかりませんが
記録としてここに書き綴っておきます。

一応今シーズンも、2100には届きましたが、細かい数字を言わないあたりで察してやってくださいw

今までの構築記事は、ほぼ感想文のようなものでした。
それというのも僕がクチート軸の構築をやめないことが初めからわかっていたのです。
なので自分なりに大切なことは何も書いてこなかったのですが
今回は少しだけ、立ち回りやら色んなこと書いてみることにします。


それでは内容です。

f:id:sinkev:20140910200110p:plain

f:id:sinkev:20140910200120p:plain


今期は主に1つ目のほうの構築を使用していました。
しかしこれは自分では全く納得のいっていない構築でした。
2つ目は、僕がシーズン3で使用したものと同じで、最終日のみこれを使いました。





f:id:sinkev:20140910202420g:plain

クチートクチートナイト
メガ前:145-150-105-*-75-83
メガ後:145-172-145-*-115-83
じゃれつく/不意打ち/叩き落とす/身代わり

相変わらずパーティの軸です。
調整は前からずっと同じものを使っています。

努力値調整】
A:剣の舞を身代わりに変えたので、ガブガルへの不意打ちの乱数を気にすることはなくなりましたが
やはり不意打ちでガブガルに半分入るのはとても大きいですし、ドランに対する叩き+不意打ちのダメージも考慮するとやはりAは削れません。

S:12振り60族や、4振りバンギを抜く調整。
このS調整により、ほぼ全てのニンフィア、ポリ2を抜かし、半数くらいのメガではないバンギを抜くことができるのが利点です。

ニンフィアに対して上からじゃれつくができることにより、ニンフィアとの対面では無償でニンフィアを突破することができます。
サイクルを回す中で無理矢理ニンフィアのハイボを受けに出て上からじゃれることもできるので、かなり役立つ調整だったと言えます。

それからほとんどのポリ2に対して上から身代わりを貼ることが可能で、ポリ2の技では大抵身代わりは壊れません。
こちらが身代わりを貼り、ポリ2が電磁波をしてきた場合などは試合が決まるほどのアドバンテージに繋がります。
シーズン5ではダウンロードポリ2が増加し、身代わりを安定して残すことは難しくなりましたが、
こちら叩き→相手めざ地→こちらじゃれ
で処理が可能なので、やはりポリ2の上を取っておく利点はとても大きいです。

バンギについては副産物に近いですが、対面で上からじゃれで吹き飛ばせるのはとても強かったです。

H:あまり。
あまりですが、これ以上耐久を割くことは難しいと考えているので、さらにSを伸ばしたりなどはできませんでした。

【技構成】

じゃれつく:タイプ一致のこの技は必須ですね。
サンダーやギャラドスへの有効打はこの技です。

不意打ち:これも言うまでもなく確定。

叩き落とす:クレセへの打点です。それからクチートヒードランを初めとした妖半減ポケを誘うのでそこへの交換読み、身代わりを残していた場合の安定択として採用。
ここが気合パンチだとクレセに勝てなくてそれが辛いと感じたため叩きになっています。

身代わり:前まで剣の舞だった枠です。
使っているとわかるのですが、剣の舞は結構おまけみたいなものだったりします。確かに高耐久を無理矢理突破したり暇ができたときに舞って不意打ちで全抜きもできましたが、それよりも安定択としての身代わりを採用し、直接勝ち筋に繋げるほうが強いと判断しました。
相手の逆鱗を誘うポケモンと組み合わせるのが本当に強いです。
逆鱗してもらって落とされてクチート死にだしから身代わり。この流れが綺麗に決まると相手を2体持っていけたり。

それと、ポイヒガッサでクチクレの並びを見ようとする人がたまにいますが
普通のビルド岩石のガッサならむしろこちらの起点にし、突破することが可能です。



【その他】
抜群技でも不一致であれば耐えてしまうような耐久を持ち合わせており
高火力で押すだけで相手への負担は大きいです。
例えばですが珠ゲッコウガのめざ炎なんかも耐えますね。(これはタイプ一致でしたw)

雑に扱っても強いポケモンですが、サイクルを回す上で耐久ラインがとてもシビアなポケモンなので、大切に慎重に扱うことが必要だと感じました。


f:id:sinkev:20140910205246g:plain

カイリュー@こだわり鉢巻
人にいただいた調整なので伏せさせていただきます。
逆鱗/神速/地震/炎のパンチ

絶対的安心感のあるポケモン
使い始めは中々難しいですが慣れてくるとかなり扱いやすかったです。
クチートが有効打を持たないフシギバナや他のポケモンにも逆鱗で押したり、神速の縛りがとても素晴らしかったです。
鉢巻神速でカブを乱数2発みたいな火力してます。
本来苦手な相手に対してもマルスケで耐えつつ神速+神速で落とせるのは強かったです。
こいつが相手の逆鱗を誘うのでクチートととても相性がよかったです。
鉢巻逆鱗は容易な受けをさせないので、雑に打っていてもある程度相手のパーティを荒らせましたし、こいつ、1匹で相手を壊滅させることもありました。
あまり見かけられない(?)ので対策甘めなのもあるのでしょうね。

対バシャ性能がとても高く、クチートと組み合わせる上でとても扱いやすい部分の1つでした。

調整を書いていないので細かく話せることがありません....w


f:id:sinkev:20140910210022g:plain

■サンダー@たべのこし
193-*-112-145-148-125
10万V/めざ氷/電磁波/羽休め

お馴染みの穏やかサンダーです。
最近サンダーから引くゲンガーが増えてきて悲しみに暮れています( ̄^ ̄゜)

とはいえ強いことに変わりはありません。
クチートの苦手な相手に強かったり必要最低限の物理耐久があるのでバシャのフレドラを耐えて電磁波を撒けたりするのは優秀でした。

特殊ルカリオ入りの積みサイクルが急増しましたが、このサンダーでルカリオを止められるので、そこに対する勝率もめちゃくちゃ高かったです。
ルカリオに対して後出しできるレベルで強いです。
相手は一般的な物理受けサンダーなどを想定しているので動きやすく、
気合玉を1発受けて次のターンに降参されたりなど、失礼かもしれませんがとても気持ちよかったですw


努力値調整】
H:16n+1
B:あまり
D:眼鏡ライコウの10万確定3発
S:最速バンギ抜き

このパーティでは基本選出の1つに
クチクレサンダーという並びがあるのですが、これが相手のメガバンギがとても重く
サンダーで1体突破したあと後ろからサンダーを起点にしようとメガバンギが出てくることが多いので、メガ進化していない素のバンギラスに、身代わりをされる前に上から電磁波ができるようにしました。
麻痺さえさせてしまえばあとはクチートでの処理が可能で、このS調整はとても活きたと思っています。

【技構成】

10万V:タイプ一致技。
放電と迷いましたが、CSメガゲンに対して10万なら確2を取れることがあったり、単純な火力の面を考えて10万にしました。

めざ氷:サンダーが熱風を打ちたい相手を考えるとナットレイドリュウズくらいしかいませんでした。(ハッサムも?)
ドリュウズは環境に多くないのと、パーティの他のポケモンでも十分対処可能なのであまり気になりません。
ハッサムナットはそもそもサンダーから逃げるので熱風は当たりません。
それよりも、サンダーに対して非常によく後投げされるガブリアスランドロスに打点を持つことのほうが強かったです。

こちらサンダーと相手のゲンガーが対面したときに
めざ氷を選んでみたりするとガブが出てくるなんてことありますからw

初手でサンダーとガブが対面してもめざ氷を打てばいいです。
鉢巻逆鱗や鉢巻エッジなら落とされますが、身代わりクチートの起点です。
それ以外は耐えるので、試合全体を見越して立ち回ればOKです。

特にランドロスに打てることがとても大きくて
ランドロスは威嚇でクチートの火力を削いでくるとても鬱陶しいポケモンの1匹で、こちらからの不意打ちの火力も落とされて中々相手しづらいのですが
めざ氷さえぶち込めれば威嚇されてもクチートの不意打ち圏内に入るので十分です。
ガブランドを不意打ち圏内に入れられることはクチート入りのサイクル戦でとても有利に試合を運ぶことができるようになるのです。

電磁波:羽休めと合わせてとても強い技。
とにかく電磁波捲いて羽で粘ります。ゲンガーやその他早いポケモンに入れられるととても楽な試合になります。
クチートのSサポートはかなり重要なので
羽休めともクチートとも、とてもシナジーしている技でした。
苦手な物理にも無理矢理頑張れたり頑張れなかったり。。。



f:id:sinkev:20140910212036g:plain

クレセリアゴツゴツメット
227-*-189-105-150-106
サイキネ/電磁波(毒々)/月の光/スキルスワップ

余計な調整はなしにHBぶっぱしました。
というのも自分でグロパン噛み砕くのガルーラを使用しており、耐久面が不安になったからです。
ガルーラの身代わりは、親子愛サイキネで破壊できるので尚更火力に割く必要はありませんでした。

【技構成】

サイキネ:安定の一致技。バナに通る。

電磁波(毒々):電磁波はクチートのSサポートや、雪崩ガルーラに対して強くなれます。電磁波入れて月の光で粘ってるだけで運がいいと苦手なやつをだいぶ削れたり落とせたりなんだったり。
毒は主にカバやサンダーに対してです。
こいつらは特に重いので毒のほうがパーティにはあっているかもしれません。僕は両方使ってました。

月の光:回復技。受けをするなら回復しなきゃね。

スキスワ:種族値よりも特性が強い時代。
クチートマリルリのちからもち。
ガルーラの親子愛。サナニンフのフェアリースキン。
カイロスのスカイスキン。バシャの加速。
ズキンなどの脱皮。ガッサのテクニ。ボルトのいたずら心。
ゲンガーゴチルから逃げられたり
挙げきれませんが数えられないほどの強すぎる特性を奪い、試合を有利に運びます。

パーティ単位で特殊ガルーラがとても重いです。
クチートは燃やされクレセはシャドボで押され
サンダーは数値で勝てますが凍るのが怖かったり。
そもそもガルーラにサンダー後投げなんて基本できませんしこちらの選出が3体バレてしまったり。
しかしクレセにスキスワを持たせていることにより
サイキネで壊せない身代わりを持っているガルーラに対しても勝てるようになります。
(そもそもクレセが突破されるのは親子愛シャドボで施行回数を稼がれてDダウンを引かれるため。)
さらに親子愛がもらえるのでサイキネで身代わりを破壊できます。

バトンパに対しても、バシャに加速もらってテキトーに積ませながらサイキネで押し、バトンされてからガルーラに上からスキスワするだけで降参がもらえます。エーフィバトンは知りません。




f:id:sinkev:20140910214930g:plain

ヒードラン@風船
191-*-126-158-126-141
大文字/大地の力/めざ氷/毒々

ヒードランに勝てるヒードランです。(2度目)
このパーティではヒードランが重く、それに対する駒は必要になるのですが
逆にほぼ確実にヒードランが出てくるということは完全に後出しが安定し相手の交代際の1発でアドを取り且つ相手のヒードランを機能停止に追い込めます。
言うなれば3vs2で戦うようなもので、ガルクレセドランみたいなパーティはクチートクレセドラン恰好の的でした。
個人的にはクチクレのドランは風船が最強だと思ってます。
クレセだけではなくカイリューとも相性が良く、カイリューの逆鱗を止めるフェアリーに強いです。

努力値調整】

H:16n-1
C:あまり
S:最速


【技構成】

大文字:サンダーやヘラクロスに対してのダメージを考えて大文字を採用。とても使い勝手がよかったです。

大地の力:ヒードランに対する打点。

めざ氷:主にガブランドに対して。ダメージレースのことを考慮し、ラスカよりもこっちの方がいいと判断した。

毒々:耐久ポケモンを潰すために採用。
クレセに対して相性がいいはずなのにクレセに勝てないのがどうしても気に食わなかったのです。
あとはサンダーやカバやアローに対して。
風船を持っているだけで毒々を警戒されないのでとても使いやすかったです。




f:id:sinkev:20140910213231g:plain

ガルーラガルーラナイト
181-194-120-*-120-152
捨て身/不意打ち/噛み砕く/グロパン

パーティで重いポケモンを一括してハイパーゴリ押しで誤魔化す枠。
挙げきれませんが例は
受けルやエルフーンスイクンですね。

努力値調整】

普通のAS。
グロ砕くで少し耐久割いてたりするクレセを吹き飛ばすために性格は意地っ張りです。
陽気にしておけばよかったと思ったこともないのでこれでよかったと思います。

【技構成】

捨て身:とにかく火力。火力お化け。
苦手なポケモンぜーんぶ持ってける捨て身が神。
唯一ガッサに対して使いづらさを感じたくらいです。

不意打ち:グロパンするなら先制技欲しいですよね。

噛み砕く:ガルーラを選出するということはクチートを出せないということ。 なのでこいつ自身にクレセに対しての有効打を持たせました。
他にもタイプだけでこいつを受けようとする後出しゲンガーなんかも、交換読んでガブガブしたらほぼ勝ち試合です。

グロパン:強い。
ガルーラといえばグロパン。こいつは基本的に引っ込むポケモンではないと思っているのでグロパン後クレセから引かないために噛み砕くを持たせているというのもあります。
メガバンギに対してもグロパン不意打ちで倒すことができます。
最近多い壁展開の構築にも
初手からグロパン連打してるだけで勝ってることもあるくらいです。

はいクソ強い。





パーティのメンバーはこんな感じでした。
ある程度までは上がれましたが限界は感じました。

このパーティを使ってわかったことは
クチリューの並びは対面構築のようなもだなと感じたので、それに合わせてパーティを組む方が強そうだなと感じました。
今回はあまりわかっておらず受け思考のポケモンも入っておりサイクル戦で考えていたので
パーティ内でちぐはぐしていたのだと思います。

もし次にクチートを使う機会があれば
今シーズンできなかったクチラティを考えたり
クチリューの対面構築を完成させたいなと思っています。


こんな感じの拙い文章でした。
これまでの構築記事は冒頭でも言いましたが
構築記事と呼べるようなものではなくて
ただの小学生の感想文だったので、少し真面目に書いてみようと思いこうなりました。

たぶん、ここまで書いたのは本格的にクチートを使うことをやめようとしているからなのだと思いますw
長く使ってきたし、いい加減別のパーティも考えてみたいですしね。


今度真剣にレートをやるのがシーズン6なのか、ORASが発売されてからなのかはわかりませんが、そのときはまた2200あるいは1ページ目や上位を目指して頑張ろうと思います。



質問等あればコメントか
Twitter @sink__tan までご連絡ください。

ここまで読んでいただきありがとうございました。
これで失礼します。それでは!