Scrawl in the Kitchen

ポケモンのことや下らない記事を書き続けるブログです。

【シングルレート】選出で7割勝つ



シンクです。


シングルレートを勝ち抜いていくにあたって、頭に入れておいたほうが良いと思っていることがあるので、それを記事にします。



「言われなくてもわかってる」方々も多いかと思いますがシングル63において"選出"がいかに大事なことなのか、深く考えたことがある方はあまり多くないと思います。

今回はその選出について少し話していきます。



•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚



みなさんは選出画面で、どのようなことを考えて3匹を選びますか?

例を挙げればキリがないかもしれませんが、例えば昔の僕なんかだと「この3匹を選出すれば、相手の6匹のどれにも対応できるな」とかそんなんで選んでましたね。

これも決して間違ってない、というか正解も不正解もないです。


でもポケモンって、選出の段階で7割くらい勝敗が決まると僕は思っています。


この記事はそんな、勝てる選出の"考え方の1つ"です。



この時代において6世代の亡霊で大変申し訳ないのですが、僕は第6世代からレートを始め、途中でポケモンをしなくなってしまったので、例をあげながら話しますが、6世代環境のものなので7世代新規の方にはわかりづらいかもしれません。

なりにわかりやすく書くので、頑張って理解してみてください。



•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚



さて、今回はこのパーティで例えていきます。


f:id:sinkev:20181217204436p:plain f:id:sinkev:20181217204451p:plain f:id:sinkev:20181217204501p:plain f:id:sinkev:20181217204524p:plain f:id:sinkev:20181217204534p:plain f:id:sinkev:20181217204545p:plain


http://sinkev.hatenablog.com/entry/2015/01/14/205657

過去、記事にしたことがあるパーティです。

勝率は75%、勝てる試合を落とすことも多かったのは僕の浅さでしたが、考え方の部分だけ盗んでくれたらなと思います。



ではさっそく、基本的な考え方の部分ですが

「相手の選出を誘導すること」です。

誘導できているのに、自分でそれに気がついていないという方も多いと思います。

選出誘導力が高いポケモンというのは

「詰ませる性能が高いポケモン

これに尽きます。



数多くいますが、わかりやすいのはやはりスイクンではないでしょうか。

スイクンが相手のパーティにいたら、まず間違いなくスイクンを突破できるポケモンを選出しますよね?

つまり、自分がスイクンを選出するかどうかはどうでも良くて、パーティにこれがいるだけで、相手が選出してくるポケモンがまず1匹分かってしまうんです。



次に注目するのは、マンムーです。

人それぞれの考え方次第ですが、僕は詰ませ性能が高いと、一括りに言います。

破壊力があるポケモン、と言えば分かりやすいでしょうか。

ポケモンの中で唯一、氷地の複合タイプを持ち、一致技で最も効果抜群を取れる範囲が広い優秀なやつです。

ゲッコウガなどがこれに近いです。技範囲が広く火力も高い、警戒せざるを得ないポケモンです。


このポケモンが相手のパーティにいると起こりやすいのが「相手のマンムーが自分のパーティにぶっ刺さっている!」という状況です。

多くの方がマンムーの攻撃を受けきれる耐久を持つ物理受けを選出します。

そして、ほとんどの物理受けポケモンスイクンに耐性がないです。

つまり、1匹のポケモンスイクンマンムーの対処をするのは厳しいことがわかります。

(例外はバナミトムDLポリ2あたり)



これだけで、相手の6匹の中から

スイクンを処理できるポケモン」と

マンムーを受けられるポケモン」の2匹がほぼ確定で選出されることがわかります。



相手が出してくるポケモンが2匹も、"自分だけが"わかっていて選出を決められるなんて、こんなに簡単なゲームはないのではないでしょうか。



今度は相手の立場で考えます。

この時点で、選出するポケモンは2匹確定しています。最後の1匹を合わせて、僕のパーティ6匹に対応する必要があります。

多くの場合は、数値の高いポケモンです。

それはメガ進化するものだったり、600族だったり、ギルガルドだったり、まぁそのへんです。



ここまで相手の選出が分かれば、自分は相手の6匹に対応する必要なんてまったくありません。

この3~4匹に対して"決め打ち"で選出すればいいだけです。

相手の初手を見るだけで、裏の2匹がわかってしまうケースもかなり多いです。

やっていることは後出しジャンケンに近いです。



冒頭で挙げた僕のパーティでの戦い方であれば、

「相手の3~4匹に勝てる3匹を選ぶ」か

「2~3匹に必ず勝てるポケモン2匹の組み合わせ+ゲンガー」です。

無理なポケモンをゲンガーで道連れして、残ったポケモンをしばくという流れで、この選出が1番多かったです。


スタンパが多いので基本的にはこれですが、積みサイクルや受けループなどの特殊なパーティに対してはこちらもそれ用の特殊な選出を行っていました。



自分がどうするか、は各々が自分のパーティ構成を理解した上で、相手の選出を読んで考えることで、僕が挙げたものは1例です。



ここまでのことを分かっているかどうかで、戦いやすさ、勝率は少なからず変わるはずです。意識してみて下さい。



•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚



ここからは、僕自身が実戦にてどのように選出していたのかをいくつか書いていきます。

読み飛ばしても良いところです。興味がある方は眺めてみてください。興味がない方は、ここらでこの記事は終了になります。




VS f:id:sinkev:20181218114512p:plain f:id:sinkev:20181218114708p:plain f:id:sinkev:20181218114534p:plain f:id:sinkev:20181218114727p:plain f:id:sinkev:20181218114802p:plain f:id:sinkev:20181218114853p:plain


自分→f:id:sinkev:20181218115026p:plain f:id:sinkev:20181218115039p:plain f:id:sinkev:20181218115750p:plain

相手→f:id:sinkev:20181218160852p:plain f:id:sinkev:20181218160903p:plain f:id:sinkev:20181218160914p:plain


カメ、ナット、ガブに対してピンポイントで選出。(対スイクンf:id:sinkev:20181218120510p:plain、対マンムーf:id:sinkev:20181218120525p:plain、こちらのリザがYだと仮定した場合受けられるのがガブリアスのみのためf:id:sinkev:20181218120543p:plain

僕のパーティに対してナットを出さない人はいませんが、この時は再戦だったので選出を変えてきたんだと思います。

相手のニンフィアが少し怖い選出ですが、ニンフィアを選出する余裕が相手にはないので無視しています。

選出予想のうち2匹は当たっており有利試合。

1戦目も再戦も勝利しました。




VSf:id:sinkev:20181218162211p:plain f:id:sinkev:20181218162253p:plain f:id:sinkev:20181218162306p:plain f:id:sinkev:20181218162417p:plain f:id:sinkev:20181218162429p:plain f:id:sinkev:20181218162439p:plain


自分→f:id:sinkev:20181218162507p:plain f:id:sinkev:20181218162518p:plain f:id:sinkev:20181218162536p:plain

相手→f:id:sinkev:20181218162556p:plain f:id:sinkev:20181218162606p:plain f:id:sinkev:20181218162631p:plain


予想はエレキブルガブリアススイクンorマリルリ(対スイクンf:id:sinkev:20181218162821p:plain、対マンムーf:id:sinkev:20181218162844p:plainf:id:sinkev:20181218162856p:plain、対リザのf:id:sinkev:20181218162916p:plain)(エレキブルとかいう化け物、なにしてくるんだ…。)

マリルリさえゲンガーでキャッチできれば勝てるので初手出しメガ。くらいまでしか考えてないですが、2匹合ってたのでそのまま流れで勝ちました。正直エレキブルが怖すぎて色々歪みましたし結局出てこなかったのでぶちギレてました。




VS f:id:sinkev:20181218155541p:plain f:id:sinkev:20181218155659p:plain f:id:sinkev:20181218155607p:plain f:id:sinkev:20181218155723p:plain f:id:sinkev:20181218155739p:plain f:id:sinkev:20181218155754p:plain


自分→f:id:sinkev:20181218160620p:plain f:id:sinkev:20181218160633p:plain f:id:sinkev:20181218160645p:plain

相手→f:id:sinkev:20181218160717p:plain f:id:sinkev:20181218160741p:plain f:id:sinkev:20181218160752p:plain


予想はガブバシャナット。2メガ構築と予想して、バシャかマンダですが、バシャの通りが良いことと、マンダでは対リザXが安定しないはずなので、襷orスカーフを持ったガブリアスという予想。(対スイクンマンムーf:id:sinkev:20181218161220p:plain、対リザのためf:id:sinkev:20181218161615p:plain、残りでこちらに通りの良いf:id:sinkev:20181218161709p:plain

予想は的中しましたが、選出自体はかなり苦しかったです。マンムーを見たら必ずナットレイが受けにくると思っていたので、叩き落とすを当てる前提で立ち回りを考えてこの選出。

想定通りに試合が進み勝利。




VSf:id:sinkev:20181218202220p:plain f:id:sinkev:20181218202229p:plain f:id:sinkev:20181218202241p:plain f:id:sinkev:20181218202257p:plain f:id:sinkev:20181218202307p:plain f:id:sinkev:20181218202319p:plain


自分→f:id:sinkev:20181218204051p:plain f:id:sinkev:20181218204103p:plain f:id:sinkev:20181218204115p:plain

相手→f:id:sinkev:20181218204132p:plain f:id:sinkev:20181218204143p:plain f:id:sinkev:20181218204153p:plain


予想はガルブシンガルドorスイクン(対スイクンf:id:sinkev:20181218222615p:plain、対応範囲の広さとメガ枠の関係でf:id:sinkev:20181218222659p:plainはほぼ確定で、ブシンを選出する以上、ニンフィア受けのためにf:id:sinkev:20181218222743p:plainマンムーのためにスイクンを出したいが、ガルーラと立ち回りで何とかしてくるだろうという予測。

こちらはガルーラをゲンガースイクンで対応、ガルドをスイクンニンフィアで対応、ブシンをニンフィアで対応、という形。

選出を読み切ってそのまま勝ちました。




VSf:id:sinkev:20181218204245p:plain f:id:sinkev:20181218204257p:plain f:id:sinkev:20181218205525p:plain f:id:sinkev:20181218205537p:plain f:id:sinkev:20181218205547p:plain f:id:sinkev:20181218205557p:plain


自分→f:id:sinkev:20181218205618p:plain f:id:sinkev:20181218205638p:plain f:id:sinkev:20181218223555p:plain

相手→f:id:sinkev:20181218205704p:plain f:id:sinkev:20181218205714p:plain f:id:sinkev:20181218205725p:plain


予想はミトムガッサガルーラ(対スイクンf:id:sinkev:20181218223642p:plainf:id:sinkev:20181218223654p:plain、対マンムーf:id:sinkev:20181218223709p:plain、誤魔化しと対応範囲の広さでf:id:sinkev:20181218223738p:plain)クレセは役割がミトムに奪われるため出てこないだろうという予想。

スイクンを見れるポケモンが2匹いて、スイクンマンムーのどちらもが辛いポケモンがいて、めちゃくちゃにきついやつ。この3匹決め打ちで選出して2匹当たっていて、数値の高さでゴリ押した感じです。(決め打たないとキツすぎたので)




VSf:id:sinkev:20181218210604p:plain f:id:sinkev:20181218210613p:plain f:id:sinkev:20181218210625p:plain f:id:sinkev:20181218210659p:plain f:id:sinkev:20181218210637p:plain f:id:sinkev:20181218210646p:plain


自分→f:id:sinkev:20181218212229p:plain f:id:sinkev:20181218212243p:plain f:id:sinkev:20181218212301p:plain

相手→f:id:sinkev:20181218212317p:plain f:id:sinkev:20181218212327p:plain f:id:sinkev:20181218212337p:plain


予想はボルトガブポリ2(対スイクンf:id:sinkev:20181218224146p:plain、対マンムーf:id:sinkev:20181218224201p:plain、リザを受けるためにf:id:sinkev:20181218224226p:plain

マンムーがぶっ刺さりすぎてて逆によくわからなくなりました。ポリ2は100%出てくると思い、絶対にゲンガーで道連れすること確定。ボルトガブはマンムーでしばけるので、ゲンガーがボルトと偶発対面した時のためにサンダー。ニンフィアでも良かったけどクチートが少しだけ怖かったのでサンダーにしておきました。

予想は2匹当たっており、想定通りに勝ちました。




例はこのくらいで、少し偏りがありますが、僕が2100あたりから2200までノンストップで駆け上がった時に対戦してきた構築なので、他に例が出せませんでした。(正確なレート数値とかは覚えてないです。)(対戦記録だけはCASの録画から拾いました。)



•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚•*¨*•.¸¸☆*・゚



長々と書いてきましたが、

相手の選出が読めてしまうこと、その上でこちらが立ち回りと選出を決めることの強さが伝われば幸いです。



記事の冒頭にも書きましたが、これは戦い方、考え方の1つにすぎません。これをやっていれば必ず勝てるという保証もありません。

ただ、シングルレートをやっていく上で、これを理解しているかどうかで世界が変わると思います。

これを参考にして、自分の武器が1つでも増えれば、みなさんのレートが少しでも上がることかと思います。




ここまで読んでいただきありがとうございました。

追記があればしれっとしておきます。



誤字脱字を見かけた際は、すみやかに

Twitter(@sin_kos_tan)までご連絡を。




それでは